グロースハック

[グロースハック]ABテストでブランド一覧ページの仮説検証を行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトショップを運営しているECサイトで特に訪問数が多いのはブランド一覧ページだと思います。サイトの肝となるページですよね。
ここで離脱率が高くなってしてしまうと、回遊率も下がってしまうので、離脱率が高い場合は改善が必要です。

そこでABC順がいいのか、人気ブランド順がいいのか仮説検証することになりました。

ABテストはGoogle Analyticsのウェブテストを使用しました。

テストの目的は「直帰率」に設定します。

abtesting

テスト期間を1週間に設定し、オリジナルをABC順のページとし、人気ブランド順をパターンBとしました。
ちなみに人気ブランド順はあえてオーナーにヒヤリングするのではなく、Google Analyticsからデータを取り、訪問数の多い順としました。

さて結果はどうなったかというと、

abtesting_result

パターンBの人気ブランド順の方が直帰率が低いということが検証結果として出ました。

検証を終えて思うのは、ZOZO TOWNのように膨大な量のブランドをかかえているサイトはABC順が分かりやすいと思いますが、
小規模のセレクトショップでは、人気ブランド順やショップがおしているブランド順の方が、お客様にとって見つけやすいページになるのではないかと思います。
うらを返せば、訪問者の目的もはっきりしているということではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加