Google Analytics

各ショップカートAPIでGoogleアナリティクスのeコマースを設定するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧アナリティクスからユニバーサルアナリティクスに変更する時は色々と注意点があります。
そんな中、アナリティクスのeコマースをお使いの方は多いと思いますので、今回はショッピングAPIのeコマース設定をご紹介します。
※GoogleアナリティクスのトラッキングIDは取得している前提で紹介します。

カラーミーショップ

トラッキングコードをカラーミーショップ管理画面【コンバージョンタグ設定】に入力していると、
Google Analytics eコマース機能が正確に動作しないことがあります。

とのことなので、安定した運用をしたい方は”Google Analytics eコマース設定画面”にトラッキングIDを入力することをおすすめします。

eコマース設定

登録し、HTMLのアナリティクスを設定したjsに下記コードを追加すれば完了です。

※カラーミーショップでeコマースを利用するには、ギガプランに契約する必要があります。

カラーミーショップのマニュアルページ

 

MakeShop
eコマース設定
Google Analytics用の設定でユニバーサルアナリティクスにチェックします。

eコマース設定

フォームにトラッキングIDを入力し、出力サンプルの通りにHTMLに設置すれば完了です。

既にアナリティクスを利用されてる方は下記コードをご参考ください。

※UA-9999999-1の部分をウェブプロパティIDに変更してください。

MakeShopのマニュアルページ

 

Futureshop
上記トラッキングIDを入力すれば完了のサービスに比べ、Futureshopはちょいと設定が必要です。

トラッキングIDを取得したら構築メニュー>プロモーション管理>Google設定でeコマーストラッキングを入力します。

eコマース設定

eコマーストラッキング(繰り返し前)

eコマーストラッキング(繰り返し)

eコマーストラッキング(繰り返し後)

Futureshopのマニュアルページ

 

EC CUBE
上記サービスと比べ一番難易度が高そうです。
PHPが苦手という方は無料プラグインがありますのでこちらを使うのもありかと思います。

UA版 Google Analytics eコマース対応 プラグイン(2.12系、2.13系)

PHPを書いて対応したい方は、rui live noteさんの”EC-CUBEにUniversal Analyticsのeコマーストラッキングを埋め込む設定手順”をご参照ください。

rui live noteさんのブログ

これで売上につながる分析がガシガシできますね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加