FutureShop2

FutureShop2のfs2api.jsを利用してユーザー名を取得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FutureShop2にはfs2api.jsが用意されていて、ユーザー名などログイン情報を簡単に取得することができます。

会員情報表示

——-

店舗KEY:testshop
SSLドメイン:c03.future-shop.jp の場合
——-

会員情報の記述例

会員情報を表示するには、置換文字を記述し、置換文字を含む要素に「FS2_repeater」というclass名を指定してください。

「会員ステージ表示順:$MEMBER_STAGE_ORDER_NO$」「使用できるクーポンの有無:$HAS_COUPON$」とCSSを利用することで、表示を切り替えることができます。

json形式でも取得できるので、ajaxで取得してif文で表示分けすることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加