Google Analytics

Google Analyticsでサイト内検索の効果を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種や制作するサイトの特性にもよりますが、ワイヤーを作成する際、検索ボックスをどこに置くか悩みがちです。
特にスマートフォンでは、ファーストビューに置いて思ったより使われなければもったいないし、ハンバーガーメニューに置いて、不便に思うユーザーがいてはいけません。

困ったときはGoogle Analytics
Google Analyticsならキーワードだけでなく、サイト内検索がどのようなビジネス成果に結びついているかが分析できます。

1.まずはビュー設定を確認しましょう
Google Analytics

 

2.サイト内検索のトラッキングをオンにし、クエリパラメータを入力します
Google Analytics2

※Future Shop2では下記パラメータが設定できます。
keyword :どのキーワードで検索されたか
tag :どのタグで検索されたか
goodsno :どの商品番号で検索されたか
minprice :最低価格がいくらで検索されたか
maxprice :最高価格がいくらで検索されたか

http://support.future-shop.jp/etc/searchform/serachform.html

 

3.Google Analyticsのサイト内検索キーワードを確認
設定が完了したらGAを確認しましょう。

サイト内検索キーワード Google Analytics

 

サイト内検索はどのようなビジネス成果に結びついているか?
ビジネスにとってサイトに検索ボックスを設置するメリットはあるか、検索ボックスはコンバージョン率や e コマースの収益の向上に結びついているかなど、サイト内検索や検索ユーザーグループに関するさまざまな情報を [目標] タブと [e コマース] タブで確認できます。

たとえば、「本」カテゴリを検索したユーザーがビジネスに与える影響を調べるには、
[行動] > [サイト内検索] > [サイト内検索キーワード]
のレポートでプライマリ ディメンションとして
[サイト内検索のカテゴリ] を選択し、「本」カテゴリをクリックします。

このレポートで [目標] タブをクリックするとコンバージョン情報が表示され、[e コマース] タブをクリックすると e コマースの指標が表示されます。この検索ユーザー グループからの合計収益は、[e コマース] タブの収益を見るとわかります。サイト内検索を行ったユーザーとそれ以外のユーザーからの収益を比較するには、利用状況レポートの表のプルダウン メニューで [収益] を選択します。

https://support.google.com/analytics/answer/1032402?hl=ja

  • このエントリーをはてなブックマークに追加