施策・仮説

KPIについての覚書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重要業績評価指標(じゅうようぎょうせきひょうかしひょう、英: Key Performance Indicators, KPI)は、組織の目標達成の度合いを定義する補助となる計量基準群である[1]。KPI はビジネスインテリジェンスにおいて、現在のビジネスの状態を示すものとして使われ、今後の対応策でどうなるかを予測するのに使われる。KPI をリアルタイムで監視することを BAM(ビジネスアクティビティ・モニタリング)と言う。KPI は、リーダーシップ育成、雇用、サービス、顧客満足といった定量的計測が難しいものを定量化する場合に使われることが多い。KPI は(例えば、バランスト・スコアカードのような技法を通して)一般に組織の経営戦略と関連している。

※wikiより

KPIを売上アップとした場合、色々図式はあると思うのですが、まずこんなところからスタートすると思います。

売上 = 購入客数 x 客単価

サイトによりますが、例えば客単価が10,000円だとしたら15,000円を目標とし、購入客数を334人とすると目標達成となります。

5,000,000円 = 334人 x 15,000円

このままだとざっくりなので、購入客数を新規とリピーターに分けて施策を考えたり、客単価をあげるためにメルマガを改善すると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加