グロースハック

[グロースハック]スマホのショッピングカートをkaizenするときにチェックすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホのショッピングカートをkaizenするとき、4つのことをチェックポイントとしています。

1.お客様にとって不要な情報は削除
2.価格表記はわかりやすい色と大きさに
3.削除するボタンはなるべく目立たないデザインに
4.複数の商品がカートに入ることを考慮したデザインに

cart

ショッピングカートはシンプルでわかりやすく、アクションしやすい方が離脱率がさがるのではないか。と仮説を立てました。
この仮説に基づいた5つのチェックポイントをkaizenの基本としています。

1.お客様にとって不要な情報は削除
例えば、商品番号や申込番号などはご注文完了メールに記載すればよく、ショッピングカートには不要な情報だと思います。
情報整理をし、不要だと考えられる情報を削除することでアクションしやすいショッピングカートにkaizenできると考えています。

2.価格表記はわかりやすい色と大きさに
ショッピングカートには色々な金額が記載されますので、「これは商品価格だ」「これは合計金額だ」と一目で分かるカートはお客様に安心感をあたえると考えています。
多くのカートでよく考えられている箇所ですが、kaizenするときにチェックしてみるといいと思います。

3.削除するボタンはなるべく目立たないデザインに
削除するボタンと購入するボタンと同じテイストのデザインのケースが結構見受けられます。
デザインテイストが統一されてきれいな印象ですが、CVボタンはアクションを促すようデザインされているので、削除するボタンも同じテイストにするのは逆効果ではないかと考えています。
削除するボタンはアイコンだけにするなど、シンプルなデザインにすることをおすすめします。

4.複数の商品がカートに入ることを考慮したデザインに
複数の商品がカートに入っても区切りがなく、わかりにくい印象のカートが見受けられます。
区切り線をいれるのもいいですが、スマホの場合はスクロールしても気づくよう、偶数個の商品は背景色を変えるといいかもしれません。

以上がスマホのショッピングカートをkaizenするときにチェックするポイントになります。
ご参考ください。

あわせてお読みください。
[グロースハック]スマホのフォームをkaizenするときにチェックすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加