This is standard

KAIZEN PLATFORM社が提供するA/Bテストプラットフォームにてグロースハックを行っているフリーランサーのサイトです。

[グロースハック]ABテストでブランド一覧ページの仮説検証を行いました

      2016/10/01

セレクトショップを運営しているECサイトで特に訪問数が多いのはブランド一覧ページだと思います。サイトの肝となるページですよね。
ここで離脱率が高くなってしてしまうと、回遊率も下がってしまうので、離脱率が高い場合は改善が必要です。

そこでABC順がいいのか、人気ブランド順がいいのか仮説検証することになりました。

ABテストはGoogle Analyticsのウェブテストを使用しました。

テストの目的は「直帰率」に設定します。

abtesting

テスト期間を1週間に設定し、オリジナルをABC順のページとし、人気ブランド順をパターンBとしました。
ちなみに人気ブランド順はあえてオーナーにヒヤリングするのではなく、Google Analyticsからデータを取り、訪問数の多い順としました。

さて結果はどうなったかというと、

abtesting_result

パターンBの人気ブランド順の方が直帰率が低いということが検証結果として出ました。

検証を終えて思うのは、ZOZO TOWNのように膨大な量のブランドをかかえているサイトはABC順が分かりやすいと思いますが、
小規模のセレクトショップでは、人気ブランド順やショップがおしているブランド順の方が、お客様にとって見つけやすいページになるのではないかと思います。
うらを返せば、訪問者の目的もはっきりしているということではないかと思います。

 - グロースハック, 施策・仮説

  関連記事

[グロースハック]KAIZENPLATFORM社グロースハック勝利数で3位ランクインしました。

KAIZEN PLATFORM社のグロースハック勝利数ランキングで3位にランクイ …

KAIZEN PLATFORMのグロースハッカーランキングにランクインしました

2016/05/01〜2016/07/31までの集計で、採用数ランキングで3位入 …

[グロースハック]スマホのフォームをkaizenするときにチェックすること

スマホのフォームをkaizenするとき、8つのことをチェックポイントとしています …

ECサイトで購買意欲の高まる詳細ページを考えてみる

今日は購買意欲の高まる詳細ページについて考えてみたいと思います。 あくまで考え方 …

[jQuery]Kaizenをするときによく使う覚書

Kaizenをするときによくつかう、jQueryの覚書です。 ■やじるし [cr …

【グロースハック】LPのファーストビューを考える

LPや特集ページのグロースハックをする際、まず最初にファーストビューをどう見せる …

Growth Hacker Awards 2017に参加しました。

Growth Hacker Award 2017に参加しました。 普段お会いする …

もっとも分かりやすいUserExperience

この画像はUser Experienceをもっとも視覚的に分かりやすく表したもの …

【Growth Hacker Awards 2018】Open Offer 改善賞

いつもお世話になっているKaizen Platform社のKaizen the …

[グロースハック]申込フォームのA/Bテストの改善事例

※申し訳ございません、都合上クライアント名・デザイン画像の掲載は控えさせていただ …