This is standard

KAIZEN PLATFORM社が提供するA/Bテストプラットフォームにてグロースハックを行っているフリーランサーのサイトです。

FutureShop2が9月1日からAmazonログイン&ペイメントに対応するとのこと

      2016/02/16

futureshop0

FutureShop2が9月1日からAmazonログイン&ペイメントに対応するとのことです。
申込みは7月1日からスタート。

Amazonログイン&ペイメントとは?
Amazon以外のサイトでお買い物する時に、Amazonアカウントでお支払いができるサービスです。
このサービスにいち早くFutureShop2が対応するとのことです。

カートに入れた66%以上の人が離脱しているという現状
FutureShop2上で稼働している月間訪問者数5万人以上のECサイト中10店舗を無作為に抽出し調査を行ったところ、商品をカートに入れたものの、決済完了までたどり着かずにカートを放棄してしまうお客様の割合は平均66.17%を示しましたそうです。

Amazon.co.jpアカウントを保有するお客様が来店した場合、入力の手間を減らし購入時にかかる時間を短縮することが可能となり、コンバージョン率を高めることが期待できますね。

Amazonログイン&ペイメントの手数料は?
店舗運営者側からすると手数料が気になるところですが、未だ未定のようです。
すでにサービスが実施されている米国の事例として、カートに入れてから購入完了するまでの成約率が10%~34%あがった事例を紹介しており、購入完了までの確率を高める効果が期待できます。

個人的には手数料次第だと思いますが、コンバージョン率はあがると思います。
手数料とコンバージョン率、2つを天秤にかけることになると思います。

Amazonログイン&ペイメント
FutureShop2プレスリリース

 - FutureShop2, ニュース

  関連記事

Web制作会社 株式会社パイロット様の制作事例にクレジット掲載頂きました

フジロックフェスティバル開催期間中に現地から写真・テキスト・動画で会場レポートを …

IKEUCHI ORGANIC様 オフィシャルECサイト改修

今治タオルブランド、IKEUCHI ORGANIC様のスマートフォン版オフィシャ …

おかげさまで4期目を迎えることができました

皆様のおかげで4期目をむかえることができました。 今期もクライアント様のビジネス …

おかげさまで3期目を迎えることができました

皆様のおかげで3期目をむかえることができました。 今期もクライアント様のビジネス …

FutureShop2のfs2api.jsを利用してユーザー名を取得する方法

FutureShop2にはfs2api.jsが用意されていて、ユーザー名などログ …

BizZineにGrowth Hacker Awards 2018の様子が公開されました

Kaizen the World 2018の記事がBizZineから公開され、G …

KAIZEN PLATFORMで業種・ページ別 Top10にランクインしました。

2016年12月の特定の業種・ページタイプのオファー上位Top10にランクインし …

FutureShop2(フューチャーショップ)でフォーム改善するときの注意点

FutureShop2はhttps://~領域のデザインも編集できる優れたASP …

【Growth Hacker Awards 2018】Open Offer 改善賞

いつもお世話になっているKaizen Platform社のKaizen the …

Futureshop(フューチャーショップ)勉強会へ参加してきました

2015.4.22(水)にFutureShop主催の勉強会に参加しました。 講師 …