This is standard

KAIZEN PLATFORM社が提供するA/Bテストプラットフォームにてグロースハックを行っているフリーランサーのサイトです。

FutureShop2のfs2api.jsを利用してユーザー名を取得する方法

   

FutureShop2にはfs2api.jsが用意されていて、ユーザー名などログイン情報を簡単に取得することができます。

会員情報表示

——-

店舗KEY:testshop
SSLドメイン:c03.future-shop.jp の場合
——-

会員情報の記述例

会員情報を表示するには、置換文字を記述し、置換文字を含む要素に「FS2_repeater」というclass名を指定してください。

「会員ステージ表示順:$MEMBER_STAGE_ORDER_NO$」「使用できるクーポンの有無:$HAS_COUPON$」とCSSを利用することで、表示を切り替えることができます。

json形式でも取得できるので、ajaxで取得してif文で表示分けすることも可能です。

 - FutureShop2, HTML・CSS・Javascript, Tips

  関連記事

slick.jsのiframeバグ対応

楽天GOLDでよくiframeを使いますが、iframe内でslick.jsを使 …

ECサイトで使いたい!カウントダウンをjavascriptで実装する

新作商品販売まで後◯◯日!のようなカウントダウンをjavascriptで実装する …

jQueryでA/BテストができるプラグインeasyAB

LPなどのA/Bテストを簡単に実施できるjQueryプラグインeasyABのご紹 …

mampで実装したファイルをngrokで公開する

わざわざローカルで実装して、FTPでテストサーバーにアップしてのやり取りって本当 …

Thunderbird 45で返信の本文をデフォルトで本文のテキストに戻す方法

今回はWebのTipsではなく、ThunderbirdのTipsです。 Thum …

jQueryで空白文字を削除する

テキストだけ取り除きたいときはtrime()を使います。 ・HTML [cray …

Googleアナリティクスでイベントトラッキングを取得する

ECの運用担当者なら、バナーやリンクのクリック数を計測したいと思います。 jQu …

【jQuery】画像が404エラーの時、別の画像を表示する方法

クライアントより、動的に一覧ページに複数の画像を掲載したいというご要望がありまし …

[グロースハック]スマホのフォームをkaizenするときにチェックすること

スマホのフォームをkaizenするとき、8つのことをチェックポイントとしています …

FutureShop2が9月1日からAmazonログイン&ペイメントに対応するとのこと

FutureShop2が9月1日からAmazonログイン&ペイメントに …