This is standard

KAIZEN PLATFORM社が提供するA/Bテストプラットフォームにてグロースハックを行っているフリーランサーのサイトです。

Googleアナリティクスのイベントとセカンダリディメンションを組合せて情報を取得する

   

Googleアナリティクスのクリックイベントはクリック数を取得するだけでなく、セカンダリディメンションと組合わせることで様々な情報を取得することができます。

例えばECサイトの活用例として「カートボタン」にクリックイベントを仕込めば、セカンダリディメンションで次のような情報が分かります。
・ページ
・地域
・参照元

event

event2

これにより、より絞ったアクションでの流入元やエリアが分かり、トレンドの発見に役立ちます。
サイト改善を考えているご担当者はぜひお試しください。

 - Google Analytics, Tips

  関連記事

LPで使えるjQueryアニメーションボタン

LPでgifアニメーションボタンが一時流行りましたが、ボタンを作るのは結構時間も …

jQueryでA/BテストができるプラグインeasyAB

LPなどのA/Bテストを簡単に実施できるjQueryプラグインeasyABのご紹 …

mampで実装したファイルをngrokで公開する

わざわざローカルで実装して、FTPでテストサーバーにアップしてのやり取りって本当 …

instagramのuser idを取得する方法

※2016.09.08追記 こちらのサイトのテキストボックスにuser名を入力す …

マークアップにschema.orgを利用してGoogleフレンドリーなページを作成しよう

Googleのリッチスニペットで知られているスキーマを利用して商品詳細ページをマ …

Google Analyticsでサイト内検索の効果を図る

業種や制作するサイトの特性にもよりますが、ワイヤーを作成する際、検索ボックスをど …

jQueryで背景画像をフェードイン・フェードアウト

jQueryで背景画像をフェードイン・フェードアウトする方法の覚書です。 [cr …

スクロールしてYouTubeを自動再生する方法

YouTube動画付近までスクロールすると自動再生する方法をご紹介します。 DE …

各ショップカートAPIでGoogleアナリティクスのeコマースを設定するには

旧アナリティクスからユニバーサルアナリティクスに変更する時は色々と注意点がありま …

FutureShop2のfs2api.jsを利用してユーザー名を取得する方法

FutureShop2にはfs2api.jsが用意されていて、ユーザー名などログ …