This is standard

KAIZEN PLATFORM社が提供するA/Bテストプラットフォームにてグロースハックを行っているフリーランサーのサイトです。

Google Analyticsでサイト内検索の効果を図る

   

業種や制作するサイトの特性にもよりますが、ワイヤーを作成する際、検索ボックスをどこに置くか悩みがちです。
特にスマートフォンでは、ファーストビューに置いて思ったより使われなければもったいないし、ハンバーガーメニューに置いて、不便に思うユーザーがいてはいけません。

困ったときはGoogle Analytics
Google Analyticsならキーワードだけでなく、サイト内検索がどのようなビジネス成果に結びついているかが分析できます。

1.まずはビュー設定を確認しましょう
Google Analytics

 

2.サイト内検索のトラッキングをオンにし、クエリパラメータを入力します
Google Analytics2

※Future Shop2では下記パラメータが設定できます。
keyword :どのキーワードで検索されたか
tag :どのタグで検索されたか
goodsno :どの商品番号で検索されたか
minprice :最低価格がいくらで検索されたか
maxprice :最高価格がいくらで検索されたか

http://support.future-shop.jp/etc/searchform/serachform.html

 

3.Google Analyticsのサイト内検索キーワードを確認
設定が完了したらGAを確認しましょう。

サイト内検索キーワード Google Analytics

 

サイト内検索はどのようなビジネス成果に結びついているか?
ビジネスにとってサイトに検索ボックスを設置するメリットはあるか、検索ボックスはコンバージョン率や e コマースの収益の向上に結びついているかなど、サイト内検索や検索ユーザーグループに関するさまざまな情報を [目標] タブと [e コマース] タブで確認できます。

たとえば、「本」カテゴリを検索したユーザーがビジネスに与える影響を調べるには、
[行動] > [サイト内検索] > [サイト内検索キーワード]
のレポートでプライマリ ディメンションとして
[サイト内検索のカテゴリ] を選択し、「本」カテゴリをクリックします。

このレポートで [目標] タブをクリックするとコンバージョン情報が表示され、[e コマース] タブをクリックすると e コマースの指標が表示されます。この検索ユーザー グループからの合計収益は、[e コマース] タブの収益を見るとわかります。サイト内検索を行ったユーザーとそれ以外のユーザーからの収益を比較するには、利用状況レポートの表のプルダウン メニューで [収益] を選択します。

https://support.google.com/analytics/answer/1032402?hl=ja

 - Google Analytics

  関連記事

Googleアナリティクスのイベントトラッキングを取得するには

ECサイトを運用しているなかで、バナーやボタンがどれくらいクリックされているのか …

jQueryでA/BテストができるプラグインeasyAB

LPなどのA/Bテストを簡単に実施できるjQueryプラグインeasyABのご紹 …

Googleアナリティクスでイベントトラッキングを取得する

ECの運用担当者なら、バナーやリンクのクリック数を計測したいと思います。 jQu …

Googleタグマネージャーを反映させるときの注意点

Googleタグマネージャーはとても便利なんですが、「公開」設定を忘れるとえらい …

Googleアナリティクスのイベントとセカンダリディメンションを組合せて情報を取得する

Googleアナリティクスのクリックイベントはクリック数を取得するだけでなく、セ …

Googleアナリティクスでスクロール量を取得するjQueryプラグインScroll Depth

Googleアナリティクスでクリックイベントの取得はよくされてると思います。 今 …

各ショップカートAPIでGoogleアナリティクスのeコマースを設定するには

旧アナリティクスからユニバーサルアナリティクスに変更する時は色々と注意点がありま …

Googleアナリティクスでフィルタをかける

上のグラフはこのサイトのセッション数を表しています。 見てわかるようにまだ全然ア …