This is standard

KAIZEN PLATFORM社が提供するA/Bテストプラットフォームにてグロースハックを行っているフリーランサーのサイトです。

より高い返答を求める顧客からのフィードバックを簡素化する

      2016/09/26

Idea: Ask the two primary Net Promoter Score (NPS) questions when asking for your customers’ feedback to improve the overall response rate.

Details: Adding questions outside of the two NPS questions reduces your overall response rate. You might be inclined to think that there is a happy medium. If asking 20 questions gives you a 4% response rate and asking 2 questions gives you a 30% response rate, adding just one more question shouldn’t hurt too much. Maybe it decreases your response rate by a couple of points … no biggie.

Unfortunately, the reality is that it’s not a perfectly balanced scale, so adding questions doesn’t decrease your response rate proportionately. It’s very disproportionate in fact. On average, for every additional question you add, you’ll decrease your overall response rate by 30 – 50%.

The two NPS questions include something like “How likely are you to refer this company to a friend?” and an open answered “Why?”

アイデア:全体的な回答率を向上させるため、あなたの顧客にフィードバックを求めるとき、2つの優先度の高いネットプロモータースコア(NPS)を質問してみます。

詳細:2つのNPS以外の質問をすると回答率を低下します。うまく妥協できる考えを含む必要があります。
もし20の質問をすれば4%の回答率をあたえることができ、2つの質問をすると30%の回答率を与えることができます。もう1つ質問を追加することで、回答率を下げる必要はありません。たぶんそれは2〜3回答率を下げることになります、、、大したことではありません。

残念なことに、実際は完全にバランスがとれるわけではないので、質問を追加することは比例して回答率を減少させるわけではありません。それはとても不均衡な事実です。平均して、あなたが追加した全ての質問は、30%〜50%全体の回答率を下げることになるでしょう。

 - growthhackers.com

  関連記事